2017-02-25 05:23 | カテゴリ:みやぎ金曜デモ
2月24日の脱原発みやぎ金曜デモには50名の市民が参加しました。
寒い風の中、皆様お疲れ様でした。

下記はデモで読み上げたメッセージです。


ご通行中の皆さん こんばんは! 私達は脱原発みやぎ金曜デモです。
皆さん、福島原発事故は過去のことではありません。福島では、甲状腺ガンが、その疑いをふくめて183人に達しました。
チェルノブイリ事故では、事故から5年目に「チェルノブイリ法」が策定され、1mSv以上の地域の住民の避難の権利を認めたのですが、なんと日本政府は20mSvまでは大丈夫という姿勢で、いまだに高いレベルにある地域への帰還政策を進めています。

しかし、政府や県の行うべきことは、避難の選択を確保し、保養の充実を図ることではないでしょうか。
また、柴田町の町議会で昨年12月、甲状腺検査を求める請願を採択したにもかかわらず、滝口柴田町町長は甲状腺検査を実施しないと明言しました。

放射能は県境では止まりません。
実際、丸森町では検査により甲状腺ガンの子どもが見つかっています。
子どもを守らない行政の姿勢には怒りを禁じることができません。

これ以上の被ばくを防ぐため、皆さんもご一緒に声を上げていきましょう!


写真提供:小野寺秀也氏
16681821_1275176232570018_9059811809801016306_n_400.jpg
16939476_1275175905903384_2327235152108706283_n_400.jpg
16938706_1275175812570060_5134445452422812967_n_400.jpg
16864995_1275178062569835_7990788633025281288_n_400.jpg
16864372_1275175699236738_4021979696923165603_n_400.jpg
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://miyaginonuke.blog.fc2.com/tb.php/452-c6af0cb4