2017-01-14 07:20 | カテゴリ:みやぎ金曜デモ
本日の脱原発みやぎ金曜デモは45人の市民が参加しました。
とても寒い空気の中でしたが、原発やめようと熱いコールをあげました。
参加の皆様、お疲れ様でした。

以下、デモで読み上げたメッセージです。


 ご通行中の皆さん こんばんは! 私達は脱原発みやぎ金曜デモです。 
 危険な原発の再稼動はやめて欲しいと4年前夏から始めて、今日で211回目になります。

 昨年12月27日の市町村長会議で県は「放射性廃棄物の一斉焼却」開始を決定することができませんでした。
 これは、栗原や登米の市長の慎重姿勢に加え、県への署名提出や多くの市民による仙台市との交渉などの成果です。

 しかし、焼却は延期されただけで、今年6月までに再度市町村長会議を開き、一斉焼却を決定したいと知事は発言しています。

 みなさん、環境省はバグフィルターで99%以上放射性セシウムを捕捉できるといっていますが、専門家によれば実際にはせいぜい70%程度で、これまで焼却したところでは空間や土壌の放射能濃度が上がっていると指摘しています。

 そもそもこの放射性汚染廃棄物を発生させたのは東電です。東電の責任をないがしろにして、リスクを仙台市民に押し付けることが許されるのでしょうか?
 宮城の空にまた放射能が舞い上がることに、みなさんNOの声を上げましょう!


写真提供:小野寺秀也氏
16105959_1235109356576706_8340836942366707622_n_400.jpg15966171_1235109289910046_1315424377578106400_n_400.jpg16114400_1235108149910160_3615754788713542815_n_400.jpg
16002928_1235108059910169_3180037070654413335_n_400.jpg
15965154_1235108056576836_33391583352456050_n_400.jpg
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://miyaginonuke.blog.fc2.com/tb.php/440-051af246