2016-11-12 05:44 | カテゴリ:みやぎ金曜デモ
11月11日の脱原発みやぎ金曜デモは40名の市民が参加しました。
冷たい雨の降る中でしたが、元気に脱原発を訴えてデモしました。
皆様お疲れ様ででした。

以下、昨日のデモで読み上げたメッセージです。


ご通行中の皆さん こんばんは! 私達は脱原発みやぎ金曜デモです。 
危険な原発の再稼動はやめて欲しいと4年前夏から始めて、今日で203回目になります。

先の市町村長会議で、村井知事が8000ベクレルを下回った放射性廃棄物について県内で一斉に焼却処理したいと提案し、仙台市の奥山市長が受け入れる方向で検討することを表明しました。

しかし、放射性廃棄物を焼却しても、放射能は減りません。むしろ大量の焼却灰が発生します。
また、バグフィルターで99.99%放射性セシウムを捕捉するとしていますが、その現実性が疑われています。

そもそもこの放射性汚染廃棄物を発生させたのは東電です。
東電の責任をないがしろにして、リスクを仙台市民に押し付けることが許されるのでしょうか? 
宮城の空にまた放射能が舞い上がることに、みなさんNOの声を上げましょう!


写真提供:小野寺秀也氏
14993515_1175157589238550_8446205232299449622_n_400.jpg
15037103_1175160465904929_1397697914072818452_n_400.jpg
15073280_1175157919238517_5508148745263328604_n_400.jpg
15055880_1175161739238135_4956287359551099587_n_400.jpg
14938317_1175168795904096_5354042178124851901_n_400.jpg


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://miyaginonuke.blog.fc2.com/tb.php/424-237acd38