脱原発みやぎ金曜デモ

脱原発みやぎ金曜デモのブログです。デモの予定や報告をアップしていきます。

こんなデモ見たことない!

 これまでのデモといえば、いろいろな組織の名前の入った団体旗や桃太郎旗がはためき、大音量でシュプレヒコールを叫びながら歩くもの、という印象はあります。

 それに比べると「みやぎ金曜デモ」の雰囲気はかなり違います。ことに秋以降、暗くなってからの時間帯にやるようになってからは、ある意味すごいことになってます(笑)

 まず、デモ隊が光ってます。暗いところで目立つようにと主催者でLEDを仕込んだペンライトやうちわなど「光りモノ」を準備しているのですが、これがご参加の皆さんに大人気でして、最近は「早く貸して」と催促されるぐらい。

 また最近はご自分でいろいろ工夫してオリジナル光りモノを持参される方もあり、そのアイディアには驚くばかりです。「ええ~っ、100円ショップにあるあれで、こんなの創っちゃったんですか~? すご~い!」まさに波線連発級です。

 光らなくてもアピールしよう、というので、工夫を凝らしたプラカードでアピールする方もあります。

 子どものお手手がパタパタ上下する、というかわいいプラカードはすでに第2回から登場していたのですが、最近は肩車して親子で2段パタパタとか子どもと猫が肩組んでパタパタとか、バリエーションも登場しています。

 そして極めつけがコスプレ。ハロウィン前に魔女が出現、そして翌週には橙色のカボチャが現れ、道行く人の注目の的になりました(ちなみに魔女とカボチャは慰労会場で掛け合い漫才をやってました)。ハロウィン直前には子どもカボチャや光る猫耳娘も参加、注目度MAX。さてハロウィンも終わったが何か出るかな、との期待に応えて、前回はウサギが2羽現れたのでした。こんなデモ、仙台では初めて見ました。

 デモにつきもののシュプレヒコールも、アーケードを歩く際には約半分をご通行中の皆様への呼びかけメッセージに置き換えています。また太鼓やタンバリン、時にはスネアドラムなど「鳴り物」も加わる、音的にもにぎやかなデモなのです。

 多くの人に注目してもらえるように、そして「ちょっと一緒に歩いてみようか」と思ってもらえるように、私たち主催者もいろいろ工夫しながらやっています。参加者の皆さんにも、そして実際にデモ隊を見た皆さんからも、「こうした方がいいんじゃないか」というご意見をいただければうれしいですね。

 これからも、市民の皆さんに脱原発・反原発をあの手この手で訴え続けます。よろしくお付き合いください。
(文責 金曜デモの熊親爺)
スポンサーサイト

別窓 | 金曜デッサン帳 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<11月16日の報告 | 脱原発みやぎ金曜デモ | 11/16(金)【宮城】脱原発みやぎ金曜デモ18時元鍛冶丁公園集合 #デモ #脱原発>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 脱原発みやぎ金曜デモ |