FC2ブログ

脱原発みやぎ金曜デモ

脱原発みやぎ金曜デモのブログです。デモの予定や報告をアップしていきます。

1月19日の報告

1月19日の脱原発みやぎ日曜デモには40名の市民が参加しました。
寒い中のご参加お疲れさまでした。

以下、デモで読み上げたメッセージです。


ご通行中の皆さんこんにちは!私たちは脱原発みやぎ金曜デモの日曜昼デモです。
危険な原発の再稼働はやめてほしいと、7年半前の夏から始めて、今日で357回になります!

みなさん、阪神大震災から25年の1月17日、伊方原発3号機の運転差し止めを、山口県の住民が求めた仮処分審査で、広島高裁が、「敷地近くに活断層がある可能性が否定できず、火山灰などの想定も過小だ」として、運転を差し止める決定を出しました。

原告団の窪田さんは、「地震大国に住んでいる私たちは、常に原発の危険にさらされている。経済発展だけではない、真に豊かな社会をつくることこそが求められている」と話をしていますが、これはまさに女川原発にもそのままあてはまるのではないでしょうか?

この裁判所の決定の画期的なところは、規制委員会の、地震や火山の評価が甘すぎると断じているところです。
女川原発2号機の審査も、まったく甘いことが、数多くのパブコメで指摘されています。規制委員会が「合格」をだしても、まったく安全ではありません。

全国の志を同じくする仲間とともに、すべての原発の再稼働を止めるため、今日も声をあげていきましょう!

DSC05703_400.jpg
DSC05701_400.jpg
DSC05688_400.jpg
DSC05676_400.jpg
DSC05672_400.jpg


スポンサーサイト



別窓 | みやぎ日曜デモ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

12月1日の報告

12月1日の脱原発みやぎ日曜デモには30名の市民が参加しました。
78936036_2636391963115098_7288592825963249664_n_400.jpg
78424271_2636390606448567_7859398154309861376_n_400.jpg
78690031_2636390839781877_7635405387801296896_n_400.jpg
77411448_2636390923115202_1335947502951596032_n_400.jpg
76965655_2636391153115179_4264990945419722752_n_400.jpg

集会で決議した「適合性審査書案公表へのアピール」を以下に示します。

【適合性審査書案公表へのアピール】
 女川原発2号機の適合性審査書案が公表されました。私たち「脱原発みやぎ金曜デモ」の参加者は、再稼働ありきの審査書案が出されたことに強く抗議します。

 原子力規制委員会に、問いたい。この審査書案に、宮城県民の姿はあるのか、と。

 女川原発とは何でしょうか。東北電力という一私企業が、自社の利益のために、女川町に建設した発電所です。

 たかが一企業の財産に過ぎません。
 なのに、ひとたび不測の事態が起きれは、たとえ東北電力に関わりない人であっても、多くの県民が避難せねばなりません。

 県民生活の根底を揺るがす可能性がある施設に運用再開のお墨付きを与えることを、規制委員会はどのように考えているのでしょうか。また、それにより生じる事態にどのように責任を取るのでしょうか。

 住民の避難計画を作るのに各自治体がどれだけの人的・時間的資源をかけねばならないのでしょうか。たかだか一企業の発電所を動かし儲けさせるために。

 私たち宮城県民は、福島をずっと見てきました。規制委員会での議論を、原発ありきの電力会社や社会の在り方を変える機会にしてほしいと願いながら注視してきました。
 あらゆる学問と知識とを総動員して、徹底的に調べ論じた上で、既成事実やしがらみにとらわれない結論が出されるものと信じて見ていました。そんな宮城県民を失望させる規制書案です。

 審査は東北電力のペースで進んだように見えました。
 東北電力が「対策を施した上で再稼働させる」方針に基づいて提案し、議論自体がそれに引きずられていました。

 例えば火山噴火の可能性やその影響など議論が深められないままに終わった議題や、水蒸気爆発の問題など不適切な実験データを引用したと疑われたにもかかわらずそのまま進められてしまった議題もありました。

 火山学の専門家からは異論も出たと聞きます。議論で未消化だったテーマについて、改めて深める機会は設けられるのでしょうか。

 原発は20世紀の遺物です。ただ技術を信仰し依っていれば安心安全がもたらされるという「神話」は2011年3月11日を限りに崩壊しました。

 21世紀の現実世界を女川原発に向き合って生きねばならない宮城県民は、この審査書を信頼していいのでしょうか。

 規制委員会は、この審査書案を撤回して、再度審査をやり直すよう、心から願います。
 今後も私たちは女川原発の全基廃炉を求め続けます。全基の完全な廃炉が実現するまで歩き続けます。

  2019年12月1日「脱原発みやぎ金曜デモ(日曜版)」参加者一同


別窓 | みやぎ日曜デモ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

10月27日の報告

10月27日の脱原発みやぎ日曜デモには25名の市民が参加しました。
皆様お疲れさまでした。

写真提供:小野寺秀也さん
74634357_2561016263986002_126856854134325248_n_400.jpg
74326486_2561016430652652_8384559722740580352_n_400.jpg
73084706_2561017903985838_1472877687482613760_n_400.jpg


以下、デモで読み上げたメッセージです。


ご通行中の皆さんこんにちは!私たちは脱原発みやぎ金曜デモの日曜昼デモです。

先の参議院選挙では、宮城県選挙区で「原発ゼロ」を掲げる候補が当選しました!

そして本日10月27日は宮城県議会議員選挙の投票日です!
この選挙では、女川原発2号機の再稼働が最大の争点です!

また、仮に原子力規制委員会が「合格」を出したら、あとは地元合意が大きな焦点になってきます。 
宮城県議会の議員構成が、どのようなものになっているかが、非常に重要です。

マスコミの候補者へのアンケートでは、再稼働に反対の候補者が、賛成の候補者を上回っています!

また、わたしたちは今年3月の議会で、県民投票の機会を奪った議員を忘れてはいません。
デモと選挙の両方で、再稼働を止める運動を盛り上げていきましょう!

別窓 | みやぎ日曜デモ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8月11日の報告

8月11日は、2011年3.11の大震災と福島原発事故から8年と半年の月命日。
鎮魂の意を込めて、コールをしないで静かに歩くサイレント脱原発デモをしました。
30名の市民が参加しました。
二度と原発事故を起こさせないためにも、粘り強く「原発やめよう」の声を上げ続けましょう。

写真提供:小野寺秀也さん
67959598_2417722668315363_2473815520848117760_n_400.jpg
68300186_2417722888315341_1445819801539706880_n_400.jpg
68750995_2417723951648568_1447239408490119168_n_400.jpg
68992250_2417723811648582_1703396459228954624_n_400.jpg
68999772_2417723094981987_767571098869956608_n_400.jpg



別窓 | みやぎ日曜デモ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

5月26日の報告

5月26日の脱原発みやぎ日曜デモには、25名の市民が参加しました。
30度を超える真夏のような暑さの中、元気に「女川原発もうやめよう!」と声を上げて歩きました。
ご参加の皆様お疲れさまでした。

写真提供:小野寺秀也さん
60903282_2280964791991152_2201165744153034752_n_400.jpg
60905380_2280965065324458_6063090230934634496_n_400.jpg
61030886_2280965955324369_8317050310090555392_n_400.jpg
61184943_2280965038657794_4931980627546210304_n_400.jpg
61209237_2280965171991114_202121951223742464_n_400.jpg

以下、デモで読み上げたメッセージです。


ご通行中の皆さんこんにちは!私たちは脱原発みやぎ金曜デモの日曜昼デモです。

先日、東京電力は外国人労働者を福島第一の廃炉作業に使用する意向を表明しましたが、多くの反対の声に押され、最後は厚生労働省の通達を受けるなかで、5月22日見送りを発表しました。

東京電力は当面の間は就労させないといっていますが、その一方で「検討して改善したうえでの就労はありうる」ともいっています。私たちは、福島原発の廃炉作業に外国人がたずさわることに、強く反対します。

これまで原発の作業において日本人の労働者も使い捨てにされてきた歴史があります。

まして外国人に対し、放射線防護に関する十分な教育と訓練が受けられないまま、被ばくによる労働災害が増え、そしてあいまいにされることは間違いありません。

女川など他の原発での外国人の就労につながる、福島でのこの動きを許さず、誰もひばくする心配のない社会をみんなで作っていきましょう
別窓 | みやぎ日曜デモ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 脱原発みやぎ金曜デモ | NEXT